読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすの日記

平凡な日常の中にも楽しい面白い事が一つぐらいはあるはず。

ボウリング

daughter son

「クラスで私だけカラオケとボウリングに行った事がない。」

と長女(小1)が言うので、

「お父さんも高校生になるまでした事なかったわ。」

と40年前の環境と張り合ってもしょうがないか、それじゃボウリング行ってみるか。

でもあんまり楽しくないと思うけどなぁ。

最初はガター有りで始めましたが、あまりにも落ちるのでバンパーを上げてもらいました。

Img_1660長女

Img_1661長男(年中)

子供用のボールでもやっぱり重たいですよね。

狙った方向に思うように投げられないのでやっぱり「あんまり楽しくなかった。」そうです。

ボウリングは高校生ぐらいになってグループデートでするのが楽しいんじゃない?

お父さんは10年ぶりのボウリング。

最初の1投でストライクを出すもその後は失速してお母さんにも負ける110、orz。

2ゲーム目で何とか調子を上げて156。

スペアを狙う時の緊張感、お父さんは結構好きです。